つらつら2

あとは子育ては別ですね。

 

でも家事をしてないと子供のことって分からないことが増えると思います。

 

今はどんな下着を履いてるのか、

どこまで自力でできるのか。

この時期には何を着せるのか、

 

 

本人が会話できればそこから汲み取ることができるけど、

まだ話もできない赤ちゃんなら情報は母親しかない。

 

あとは触れ合う時間の長さでしか測れないものがあります。

 

 

そして

もやっとしていることがあって…

 

 

ご飯を食べさせること、

排泄の世話は子育てではない、世話だ。

 

という人がいますよね。

 

子育てのくくりの話でしょうね。

 

世話は義務で、子育てには入らないということです。

 

しかし…

 

排泄、食事、身の回りのこと

をする世話は世話であってもそれだけではないでしょう?

 

飼育員ではないんだから。

飼育員でも対象物には心を持って接すると思います。

 

オムツ替えのたびに話しかけ、

排泄物や肌の状態をチェックし、

 

食事は体にいいものを食べさせたいと色々な物を食べさせる。

食べたくない時には食べさせる努力をする。

食事のマナーも教えることができる。

 

これは確かに暮らしの部類ですが立派な子育てだと思います。

 

子育てが終わった年配の方は世話は子育てではないという考えが多い印象です。

 

 

義務ではないんだから

子供と向き合う全ての時間が子育てなんじゃないかなと私は思います。

 

そしてもう一つ…