読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚醒

16時過ぎに咳で目覚めた息子は

苦しそうだった(咳で)


すぐ座ってしまい、
点滴を固定してる包帯を取ろうとしたので、
「それそのまましといて!」って言ったら
なんと頷いて言うことを聞いてくれた。

朦朧としてるからこそ忠実なのか?


ナースコールで呼ぶと
もう起きちゃったのー(;▽;)と看護師さん慌ててました。

ご飯ごろに起きると予想されてたらしい。


点滴の針は左手人差し指の第二関節の下に入ってた。
包帯を巻き直してもらい、
熱を測ると37.0の平熱。


挿管されてた固定のテープでほっぺが赤くてなんか可愛いなとか思った。


看護師さんは気分などは息子に質問してた。
「痛い?」には首を横にふり、
「大丈夫?」には首を縦にふっていた。

顔はもう怒ってるような泣く寸前のようなムッスリした顔。

テープの赤みで気づかなかったけど顔色は良くなかった。


一度座ると意地でも横になるものかみたいな感じで
フラフラ後ろに引っ張られてるのに座り続ける。


{25F22FDA-65A1-4DE5-B8EC-95E8B2673C93}


(何故か靴下はかせてと言われた)

目覚めてほんのすぐなのにおしっこって言われて、
えぇ、足広げれるの!?
ってドキドキしたのですがオムツは拒否( ;´Д`)

やっぱトイトレ80パーセント完了させてて良かった。


点滴もあったので、
ナースコールで看護師さんに助けてもらいつつおしっこ。

立つのもフラフラで立てないから
支えながら履かせる時に傷にあたってしまって、
看護師さんが「っ!!!」と声にならない声を、、(笑)

お尻がヒヤヒヤ。



お義母さんがお見舞いに来てくれ、
OS1しかなくて飲ませるものがなかったので、

麦茶を買って来てもらった。

晩御飯を食べる前に飲み物を飲んで吐かなければ晩御飯。

息子はぐったり膝枕でテレビ見てて、
そのまま汗だくで寝てたけど、

ふっと起きて
「お母さんこわい、お母さんこわい」
ってうわ言のようにつぶやいたり、

ふえーんと泣いたり、


なんか可哀想(ノД`)


でも顔色良くなってるし体は元気なんだなと思えてうれしかった。