読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンプレックスとの対峙

友達を作ってこなかったこと、

大事にしなかったこと、


により、
友達が少ないこと。


まぁいいか。

と、
若者の時に大事にしてこなかった人との縁を、
最近になって深く考えているのです。


友達が(少ない)いないことっていうのは、
思い立ってすぐにどうこうできるものではないですよね。


自分のことにしか興味がなかった、
人のことなんてどうでもよかった。

そういうのって、
やっぱしっぺ返しがくるんだなって。


若さゆえに余裕がなかった、
人のことを気に留めることもなかった。

大人になってから仲良くなった人は
まわりに1人もいなくなってた。とか。


そして人付き合いが苦手なんだと遠ざけていた消極的な自分。


人から好かれないんだと思い込む卑屈な自分。


更には必要ない人間なんだと思う自分。


最近はコンプレックスがひどくて困ります。


人に好かれたい。
必要とされたい。


性格良くなりたい。


これからは。