厳しいのが美徳

昨日は怒りすぎたけど今日はそんなに怒ることもなく過ごしました。

まだ今日は終わってないけど…


昨日吐いたのは体調が悪かったからかよく寝ます。


昼も寝て今も寝て、
おそらく夜も夜で寝る。


私は実際しつけに厳しいのが良いのか、
ワガママでなく聞き分けがいいことが良いのか、
よく分かりません。


まだ母親2年目ですし、
人間としてのボーダーラインはあるものの。

自分も人としてワガママでないかと聞かれたら微妙なところ。


ワガママを聞き入れるボーダーラインは、
さてどこ?


子育ても精神面では人それぞれ。

厳しくするも甘くするも人それぞれ。


甘くされた子供はみなワガママで自己中な大人になるのか。

厳しくされれば規則に正しい大人になるのか。


モラルや情緒は?

そういうことが微妙だなと思います。


杣太郎は甘えん坊ですが、
別にそれを悪いこととは捉えません。


泣けば何でもワガママが通ると思っているかは分かりません。

なんせ何で泣いているかまだ分からないし。


でも要望を無視すればいいのか?

話せるようになったら
諭すだけの理由があるのか。



厳しく育てるのが美徳という世間がありますよね?

他人様の目から見て、
厳しくしている親がよく見えるからか

厳しくされてる子供は聞き分けがいいという固定観念か。



私は厳しいのが美徳とは思わないから、
そんなには厳しくしないだろうなと思うけど、

世間様から見ればあの親は…と言われるのかな…等と考えいます。


もちろんスーパーなんかでお菓子を勝手に開けたりとか…

そういうことは厳しくしますが。

でもそれって当然の
してはいけないこと。


しかしこんな最もらしいことを言いつつ、
私自身が厳しくすることで
ガッチガチになりたくない。



私だってご飯前にお菓子を食べたいときもあるし、

行動が遅いことも苦手なこともたくさんある。


気分で怒ることもある。


ご飯が食べたくない時も、
お風呂に入るのが遅くなる時も。


それを全部これから頑張ろうなんて思えない(笑)


気を抜きながら、
<適当>な具合にいきたい。


私はワガママで
自分を曲げるのも不得意だから、

頑固にだらけたい!

だから
厳しいのが美徳な世間はちょっと疲れる。