シルバーウィーク最終日23

杣太郎は朝からご機嫌でした。



病院でも最初はご機嫌。

多かったけど30分くらいで呼ばれて、
先生の触診。


「うーん、だいぶ大きいねぇ…」


なかなか言わない先生に夫婦2人してビビる。


「精索水腫のようだねぇ」

↑せいさくすいしゅ
初めて聞く言葉だし、めっちゃビビりました。


「ほら、ライトを当てるとピカーっと光るでしょ?
光を通すってことは中身は水だね」

「はぁ」

「一回大きい病院に診せたがいいね」


ガーーーン!!!


先生の言葉がかなりズッシリときました。

そんなに!?みたいな。


「本当に水なのか、
脱腸を併発してないか、
エコーとかで調べないと分からないし」


「すぐにどうこうしなくてもいいんですか?」


「緊急性はないけどね。
1歳を越えると自然治癒はほぼしないから、
自然に消えないなら手術しか取る方法はないね」

とのこと。


「でも一回かかりつけの先生に診せたがいいね」

と、
すぐに聖マリアにかかりたかったけど、

一応かかりつに診せることに。


本人は痛くもかゆくもないから気にしてないけど、
可哀想だし、
玉のことはよく分からないから触るのビクビク。



その日は意気消沈みたいな感じで家に帰ってボーッとしてました。


シルバーウィークの最終日はのーんびりのーんびりしてました。


寝る前に朝一の予約をとって寝ました。